忍者ブログ

パンダ工房@創作メモ

創作作業報告+ネタなど。

2018'09.25.Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013'06.28.Fri
中途なシナリオ置き場。

「イノセント」(仮) 【状況】プロット完成まで
 
「遺産大陸ガーディアンズロード」(仮) 【状況】プロット制作中

「砂漠の戦車」(仮) 【状況】プロット制作中

「宇宙トランプ戦争」 【状況】シナリオ完成 全3話
http://zkd.xxxxxxxx.jp/et/s/sanoya_ut.html

「タビソラ」(仮)

「世界の果ての大魔王」 【状況】プロット制作中

 
 
PR
2011'09.08.Thu
◆あらすじ
"予言の魔女"に世界を危機から救う勇者と認定されてしまった少女・アイリス。
幼なじみの魔女リリィ、魔獣のヤエヒメと共に魔王が住むという島に辿り着くが、
そこは魔族が平和に暮らす島だった。"世界の危機"は本当に起きるのか?

◆キャラクター

アイリス 伝説の勇者?
 男っぽい口調と服装で、なかなか人に女の子と信じてもらえない女子。
 剣術が得意。"予言の魔女"に勇者と予言された為、
 魔王退治に行くことになってしまう。ツッコミ役の苦労人。
声質など:中~低の中性的な少女声。元気系、少年っぽい口調。
「あたしが予言の勇者ぁ?おばちゃーん、冗談は勘弁してくれよ」
「リリィ、いい男なら魔王でもいいのかよ……」
「わー!ヤエヒメ、ストップ!やり過ぎだ!」


リリィ・マジョリカ 魔女
 魔女の家系の女の子。アイリスとは幼なじみ。
 イケメンに弱い。帽子の中に魔道書を隠し持っている。
 母親である"予言の魔女"の予言した"世界の危機"を阻止する為、
 アイリスと旅立つ。魔術が得意で、アイリスとは良いコンビ。
声質など:高~低の少女声・ちょっと高飛車、お嬢系
「このリリィちゃんがついてってあげるから心配しなくていいわよ、アイリス」
「ところで魔王ってかっこいいのかしら?もし素敵な人だったら倒さなくてもいいわよね?」
「なぁんで私が怖いとか言われなきゃならないのよ!失礼ね!」


ヤエヒメ 魔獣?/バーサーカー
 アイリスたちの住んでいた村にいつの間にかふらりと現れ、住み着いた和服の幼い少女。
 何かと面倒を見てくれるアイリスに懐いている。
 封呪の宝具(リボン)を身につけていて、それを外すと無敵の魔獣と化す。
声質など:高~中の幼い少女声、無邪気な感じ。
 魔獣化の時は冷酷で大人びた声、感情の起伏が少ない
「わぁい、アメちゃんだ!アイリス、だーいすきっ」
「リリィ、"まおう"ってなぁに?」
「動いたら殺す。喋っても殺す。主(マスター)が良いと言えば何もしなくても殺す」


まおうさま 魔族の長
 せかいのはてで魔神を信仰する魔族を束ねながら、世界征服を企む魔族の長。
 ……のわりには平和に暮らしている。
 田舎者で都会の事情には疎い。黙っていればいい男。
声質など:中~低の少年声~青年声、ギャグ要員
「うむ。今日も我が世界は平和だ」
「"こんかつ"ねぇ……要するに嫁を見つければいいんだろう。
 お前が適当に見繕ってきてくれ」
「この子ら怖い!そして痛い!!」
 

ゴースト 元魔族の幽霊
 魔王の部下。いい歳なのに結婚もしないで城でごろごろしている魔王の将来を心配している。
声質など:自由
「嘆かわしい。魔族の長たる魔王様がいつまで経ってもこのような状態では、死んでも死にきれません」
「えぇっ!?なぜ私が人さらいのような真似をしないといけないのですかっ!」
「ま、魔王様ぁ~!!大変です!」
 

ミリオンベル 謎の少女
 島についたアイリスらの一行に加わる、謎の少女。
 魔王退治の他にも目的があるようだが……
声質など:高さ自由/おっとりした少女声。 時々、冷酷な声になる。
「私はミリオンベル。私も魔王退治のために、この島にやってきたの」
「今の私には魔力が必要なんだよ、魔族の長。この島の魔族どもには贄(にえ)となってもらおう」
「殺さぬ、か。後悔するぞ?」

2010'09.24.Fri

【概要】
ワーウルフウィルス(Werewolf-Virus)により、
異形と化した人間=人狼(ワーウルフ)が増加し始めた世界。
学生である小八木ナナは友人と共に、人狼の人間狩りに巻き込まれる。
危機的状況の彼女の前に現れたのは、"赤ずきん"と名乗る、
銃を持った少女だった。

【人物】
小八木ナナ(こやぎ・-) 
 放課後の学校に残っていてワーウルフの"人間狩り"に巻き込まれた少女。
 大時計に隠れて生き残るが……。

伊月イツミ(いつき・-) 
 ナナのクラスメイト。

"赤ずきん"トーシュカ・ヘルベチカ 
 ワーウルフウィルスに感染した人間を狩る"人狼狩り"。
「死にたくなければ、私達に従いなさい」
「来なさい、ワーウルフ!!」
「誰しも未知の者には恐怖や嫌悪を感じるものよ」

"狩人"???
 長身の男。長距離射撃で赤ずきんをバックアップする。
「命中(ヒット)。デルタポイント、制圧完了」
「……お前を護るのが俺の役目だからな」

"3匹のこぶた" ジェシカ
 金髪ブロンドのお姉さん。ちょっとぽっちゃり。
 嗜虐性を煽るような口調と態度を取る。でもドS。
 ※過去に家族をワーウルフに殺されている。
「いやぁん、こわぁ~い」
「うふふ。木の杭で手を打ち付けられるのと、煉瓦で足を潰されるのとどっちがいい?」
「姉さんたちはもっと酷い目に遭ったのよ。あなたにその恐怖がわかる?」

◆用語
・イノセント
いわゆる一般人。ウルフハントでは巻き込まれる・巻き込まれた側の人間を指す。

・ワーウルフ
ワーウルフウィルスに感染し、発症した人間を指す。
異形や超人的な身体能力と、破壊・食人衝動の発作が出る。

・ウルフハンター
ワーウルフウィルスに感染し、凶暴化した人間を狩る狩人。
銃火器や罠を使ってワーウルフを追い込む。

・ウルフハント(人狼狩り)
ウルフハンターがワーウルフを狩ること。

・マンハント(人間狩り)
ワーウルフが人間を狩ること。

2010'01.21.Thu
【概要】
「教授とミセスとゴーストトレイン」と同じ世界観。
幽霊を狩る賞金稼ぎ・"災厄の"(カラミティ)ジェーンらの話。

・教授とミセスとゴーストトレイン
http://mog.nomaki.jp/gt/

【キャラクター】
・メアリー・ジェーン
"災厄の"(カラミティ)・ジェーンと呼ばれる女。弟のショーンと組んで
幽霊退治をしている。ざっくばらんなアグレッシブ姉さん。
「一体全体、どーしてこんなことになったわけ?」
「今回も稼がせてもらうわよ!」

・ショーン
メアリーの弟。細身の身体で大口径の特製ガントリングガンと、マシンガンを
振り回す怪力の持ち主。姉と共にブラッディ・ショーンとして恐れられている。
銃と弾薬と火薬類をこよなく愛している。
「制圧完了……姉さん、まだ地雷が残っているから踏んじゃダメだよ」


【エピソードリスト】(順不動)
・カラミティ・ジェーンとゴーストハウス(仮)
郊外に住む少女の家で、奇妙な出来事が起き始める。
少女は友人であるメアリー・ジェーンに助けを求めるが……

・ハザードシティ(仮)
ある田舎町の住人のほとんどがゾンビとなる事件が発生。
それは"災害"(ハザード)と呼ばれる、ある狂科学者の仕業だった。
"災害"と"災厄"が対決する。

・悪魔とメイドとリンゴの木(仮)
新人の教育係になったメイドのもとに新人メイドのジェーンと
ついでに庭師のショーンがやってくるが……
2010'01.21.Thu
【概要】
黄昏シリーズで描かれていない別大陸を舞台にした話。

・黄昏賢者
http://mog.nomaki.jp/tw/

・黄昏天使
http://mog.nomaki.jp/ta/

【舞台】
上記「黄昏」シリーズの北に位置する大陸。
大海嘯(仮)と呼ばれる海上の壁によって未だ帝国に支配されていない。
数多くの遺産(レリック)が発掘され、使用されている。

【北大陸の遺産】
北大陸で発掘される遺産は自律式のものがほとんどである。
北大陸産であるなしに関わらず、自律式のレリックを"ガーディアン"と呼ぶ。
(帝国のある大陸にもガーディアンは僅かながら存在する)

遺産使いは遺産(ガーディアン)と"契約"し、パートナーとなる。
通常は遺産使いは1つの遺産しか持っていないが、
複数の遺産を持つ遺産使いも存在する。

【北大陸の施設】
・コロシアム
・ジャンクの山

【情勢】
・帝国の強化兵らが海を越えることに成功し、侵略を始めている。

【サブキャラクターなど】

・松里なつの 15歳/女 クラス:女子高生
現代世界からこの世界"トワイライト"へと何故かやってきてしまった女子高生。
マフラー型ガーディアンの"シロ"と契約し、元の世界に帰る方法を探している。
 
[1] [2] [3] [4
 HOME : Next »
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[11/04 さのや]
[11/03 大宮 水那瀬]
[07/23 さのや]
[07/22 グリーン]
[03/27 さのや]
最新TB
プロフィール
HN:
さのや
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]